ミリオンダラー・ベイビー

Amazon:ミリオンダラー・ベイビーをDVDで観よう

ミリオンダラー・ベイビー[Million Dollar Baby]

公開:2005年初夏

2004年/アメリカ/2時間13分

配給会社:ムービーアイ・松竹共同配給

キャスト | プロット | レビュー | リンク



 
Cast

ジャンル
ドラマ・ヒューマン

監督
クリント・イーストウッド(Clint Eastwood)

キャスト
クリント・イーストウッド(Clint Eastwood)、ヒラリー・スワンク(Hilary Swank)、モーガン・フリーマン(Morgan Freeman)



 
Plot

 「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキー(C・イーストウッド)は、23年来の付き合いとなる雑用係のスクラップ(M・フリーマン)と、昔ながらのジム、ヒット・ピットでボクサーを育成している。

 有望株のウィリーは、教え子を大事に思う余りタイトル戦を先延ばしにするフランキーにしびれを切らし、別のマネージャーの下へと去ってゆく。


 そんな折、フランキーの前に現れた女性ボクサー、マギー(H・スワンク)。マギーはフランキーの指導を乞うが、昔気質のフランキーは女のボクサーを認めようとしない。だが連日ジムに通い詰めるマギーの一本気さに、やがてフランキーの心も揺り動かされ始めるのだった。



 
Revue

 本年度アカデミー賞主要4部門に輝いた作品。

 といっても、そんな評価は俺としては全くもって関係がないけど。実際カンヌで功績をあげた作品は個性派揃いで肌に合わなかったりするしね。


 さて、この映画、そんな前提評価を考慮せずに素晴らしい作品。
 あ、映画ってこういうのだよなって思い知らされる。

 低予算であろうと、いくら豪華でなくても、そこに真実(リアル)が存在したらそれは芸術なんだろうな。実際映画を作っててもその難しさといったら…って、比較できるもんでもないだろうけど…


 決して斬新な物語でもなく、奇として展開する物語でもない。話は淡々と一つの悲しい終末へと収束されていく。


 最近の映画に慣れてしまった人や、映画を誤解している人には是非見ていただきたい作品。心が打たれるとか、感動するとかそんな次元ではないかな。


評価 [ぁГ發Π貪抓僂燭ぁ!]
★★★★☆



 
Link

 ・「ミリオンダラー・ベイビー」公式サイト
 ・ムービーアイ
 ・松竹

 ・クリント・イーストウッド(Clint Eastwood)関連作品
   マディソン郡の橋(1995)
   パーフェクトワールド(1993)
   夕陽のガンマン(1966)

 ・ヒラリー・スワンク(Hilary Swank)出演作品
   インソムニア(2002)
   マリー・アントワネットの首飾り(2001)
   ギフト(2000)

Comment

突然の書き込み失礼いたします。映画配給会社GAGA宣伝部です。この度全米大ヒットの灼熱のヒーローアドベンチャー超大作
「サハラ −死の砂漠を脱出せよ」の6/11公開を記念して、
全国のブログ・ジャーナリストに贈る!
「“アドベンチャー・キング”を目撃せよ!」キャンペーンを実施することになりました。
是非、ブログ・ジャーナリストの皆様に本作をご覧頂いて、是非本作の魅力を語っていただきたく思います。
本作をご覧頂くには下記URLにて「サハラ 〜」のオンライン試写のIDか、チケットが当たるバナーを配布しております。よろしければ、下記URLへアクセスしてみてください。期日・内容等の詳細は下記URLにてご確認ください。どうぞ宜しくお願いいたします。
不適切でしたら本コメントは削除していただいて結構でございます。

URL: http://www.sahara-movie.jp/cp/

Posted by: GAGA宣伝部 | at: 2005/06/06 12:43 PM


Trackback

「ミリオンダラー・ベイビー」劇場にて : ファボーレ東宝で『ミリオンダラー・ベイビー』を観ました。 云わずと知れた本年度アカデミー賞主要4部門受賞作です。出演は「クリント・イーストウッド」「ヒラリー・スワンク」そして「モーガン・フリーマン」。 ジムを営む初老のトレーナー『フランキー・ダン(ク

xina-shinのぷちシネマレビュー? | at: 2005/06/04 12:37 PM

感動 泣ける映画 『グリーンマイル』 トムハンクス主演 : 今回のトラックバックBOXのお題はこれ 『感動!コレ、ホント泣ける映画!』 >とりあえず『火垂るの墓』の涙腺破壊力は最高だと思うんですけどね。 >どうでしょうか。 とのことですが、確かに泣かせます これ見て泣かない奴はいないですね! 私のオスス

陶芸ブログ 炎と土にたわむれて | at: 2005/09/16 7:09 PM

Trackback URL

http://koyos.jugem.jp/trackback/163319